「タイ代表講座」〜今のうちから相手を知って万全な体制で応援しよう!〜

3/28(火)に行われるW杯アジア最終予選、日本代表vsタイ代表。今回も戦いの前に「タイ代表は現在どういう状態なのか?」を紹介したい。

タイ代表のここまでの戦い振りは?

サウジアラビア 1-0 タイ

タイ 0-1 日本

UAE 3-1
(得点者 : タナー・チャナブット)

イラク 4-0 タイ

タイ 2-2 オーストラリア
(得点者 : ティーラシン・デーンダー×2)

0勝1分勝5敗 (グループ6位)

東南アジアでは頭一つ抜けつつあるタイだが、アジアでは苦戦の連続。ホームのオーストラリア戦では価値ある勝ち点1を獲得したものの、独特のリズムを持つ中東チームとはここまで全敗。不甲斐ない戦い方に終始している。

今年に入ってからは「タイのジーコ」ことキャティサック・セーナームアン監督(43)に退任の可能性が浮上。契約面で協会側と対立し、一時は修復不可能かと思われたが、最終的に1年の契約延長を結ぶことで合意した。国民と選手にカリスマ性を持つキャティサック氏の残留はタイ代表にとって追い風といえるだろう。

「タイのジーコ」ことキャティサック・セーナームアン監督(43)。ニックネームは”ジーコのようなカリスマ性がある”ためにその名がついたとのこと。
※個人的にはメルボルン・シティのオーストラリア代表FWティム・ケーヒル(36)によく似ていると思っている。

今回のタイ代表のメンバーは?

そんなタイ代表のメンバーはこちら。昨シーズンのタイリーグ王者、ムアントン・ユナイテッドから9名が選ばれているが、前回の日本戦に出場し、正確な左足を持つことで知られる主将のDFティーラトン・ブンマタン(27)は累積警告で欠場。また同じく前回の日本戦に出場したMFサーラット・ユーイェン(24)も負傷により欠場が決定。真新しい新戦力も特になく、日本としては前回よりは戦いやすくなった印象だ。

・GK

シンタウィチャイ・ハタイラタナクール(34) / スパンブリーFC

カウィン・タマサチャナン(27) / ムアントン・ユナイテッド

チャニン・サエイア(24) / チョンブリーFC

・DF

トリスタン・ドー(24) / ムアントン・ユナイテッド

ナルバディン・ウィーラワットノドム(22) / ブリーラム・ユナイテッド

コラヴィット・ナムウィセット(30) / ブリーラム・ユナイテッド

ピーラパット・ノトチャイヤ(24) / ムアントン・ユナイテッド

プラトゥム・チュトン(33) / チェンライ・ユナイテッド

アディソン・プロムラック(23) / ムアントン・ユナイテッド

プラビンワット・ブーンヨン(27) / バンコク・グラスFC

・MF

チャナティプ・ソングラシン(23) / ムアントン・ユナイテッド

クルークリット・タウィカン(26) / ムアントン・ユナイテッド

ポックロー・アナン(26) / バンコク・ユナイテッド

モンコル・トッサクライ(29) / ムアントン・ユナイテッド

プラキット・ディープロム(29) / チョンブリーFC

シャリル・シャピュイ(25) / スパンブリーFC

ジャクラパン・ケオプロム(28) / ブリーラム・ユナイテッド

ワッタナ・プライヌム(27) / ムアントン・ユナイテッド

ヌルル・スリヤンケム(25) / チョンブリーFC

・FW

ティーラシン・デーンダー(28) / ムアントン・ユナイテッド

アディサク・クレイソン(26) / ムアントン・ユナイテッド

シローチ・チャットーン(24) / ウボンUMTユナイテッド

警戒すべき選手は?

もうおなじみかもしれないが、タイ代表の警戒すべき選手を6人挙げてみた。

カウィン・タマサチャナン(Kawin Thamsatchanan)

ポジション:GK
年齢:27
所属:ムアントン・ユナイテッド

タイ代表の絶対的守護神。若くして名門ムアントン・ユナイテッドの正GKを任され、負傷期間を除くほぼ全ての試合に出場。また27歳ながら既に代表キャップは50を超える。

タイ人選手としては182cmと大柄で、近年ムアントンが取り組んでいるパスサッカーにも対応出来る足元の技術も兼ね備えた現代的GK。最近では海外挑戦の噂も聞こえており、日本戦は海外スカウトへ絶好のアピール機会と位置付けているだろう。外国人CBのいない代表チームで孤軍奮闘し、夢を切り開けられるかか。

トリスタン・ドー(Tristan Do)

ポジション:DF
年齢:24
所属:ムアントン・ユナイテッド

豊富な運動量を誇る右SB。フランス・パリ出身のフランス系タイ人で、ユース年代はストラスブール、プロ入り後はロリアン、アジャクシオなどでプレー。アジャクシオ在籍時の2014年にBECテロ・サーサナFC(現ポリス・テローFC)に加入し、現在は名門ムアントン・ユナイテッドで活躍している。

フランス系ならではエレガントなプレーはなく、抜群のスピードと豊富な運動量で右サイドを支配する”長友的”なスタイルを誇る。クロスの質もまずまずで、先日行われたACL鹿島戦では決勝点の起点となるクロスを上げ活躍した。日本戦ではプレースタイルが似ている長友選手とのガチンコ対決に期待したい。

シャリル・シャピュイ(Charyl Chappuis)

ポジション:MF
年齢:25
所属:スパンブリーFC

後述するチャナティプと並ぶ「タイ代表のアイドル」。スイス出身のスイス系タイ人で、グラスホッパー・ユース時代にはスイスの年代別代表に何度も選出。U-17スイス代表として挑んだFIFA U-17W杯2009では後にスイス代表となったMFグラニト・ジャカ(24・アーセナル)、FWハリス・セフィロヴィッチ(25・フランクフルト)らと共にレギュラーメンバーとして優勝に貢献。「国別代表の世界大会で優勝した歴代唯一のアジア人男子サッカー選手」として知られている。

U-17スイス代表では主にCBや守備的MFとしてプレーしていたようだが、2014年にタイ代表を選択して以降は持ち前の攻撃センスを生かして前めのポジションで起用される機会が増えた。広い視野を生かしたゲームメイク力、正確な長短のパスには気をつけたい。

チャナティプ・ソングラシン(Chanathip Songkrasin)

ポジション:MF
年齢:23
所属:ムアントン・ユナイテッド

おなじみ「タイのメッシ」。BECテロ・サーサナFCからムアントン・ユナイテッドへ移籍した昨シーズンは自身初となるリーグ優勝を経験。そして今夏には兼ねてからの夢であったJリーグ参戦(北海道コンサドーレ札幌)が決定。押しも押されもせぬタイの国民的スターだ。

元々は中盤を動き回りながら攻撃陣を活性化させる司令塔のようなプレーを得意としていたが、今シーズンのムアントン・ユナイテッドでは中国2部のクラブへ移籍したブラジル人FWクレイトン・シウヴァ(30)の代役として左WGとして起用されており、よりゴール前でプレーする機会が増加。本格的に「タイのメッシ」として躍動しつつある。代表チームでは依然としてセントラルMFを任されそうだが、攻撃力の高まった鋭い飛び出しには警戒したい。

ティーラシン・デーンダー(Teerasil Dangda)

ポジション:FW
年齢:28
所属:ムアントン・ユナイテッド

先日タイリーグ通算100ゴールを記録したタイ代表の絶対的ストライカー。その実力はユース年代から高く評価されており、2007-08シーズンには当時オーナーを務めていたタイの政治家タクシン・チナワット氏の影響でマンチェスター・シティに加入(公式戦出場はなし)。2014-15シーズンにはスペイン1部のアルメリアにも在籍した経歴を持つ。

181cmの長身を生かしたポストプレーだけでなく、ドリブルやテクニックにも長けた万能ストライカー。クラブではニューカッスル・ユナイテッドなどで活躍した元U-21スペイン代表FWシスコ(30)と役割が重なる場面が多く見受けられるものの、代表チームでは彼の出来が結果に大きく左右される。”エース”としてチームを勝利に導けられるか。

シローチ・チャットーン(Siroch Chatthong)

ポジション:FW
年齢:24
所属:ウボンUMTユナイテッド

タイ代表の秘密兵器。184cmの長身、タイ人としては破格の身体能力を誇り、ゴリゴリとしたドリブル突破でゴールをこじ開ける「タイのフッキ」。

まだまだ荒削りな部分が多いものの、スーパーサブとしての威圧感は抜群。苦しい時間帯の投入が予想されるだけに、日本としては早くプレースタイルを掴みたいところだ。

日本代表の戦い方は?

タイはシャピュイ、チャナティプらを中心に後方から丁寧にパスを繋ぐサッカーで攻めてくると予想。日本としては彼らが自国リーグで体感したことのない早さでプレスを仕掛け、早い段階から彼らのリズムを崩したい。また身体能力でも日本は優位に立つので、セットプレーでの得点も果敢に狙いたい。

累積警告で欠場する主将のDFティーラトンの穴は同じムアントン・ユナイテッドのDFピーラパット・ノトチャイヤが務めそう。彼はムアントンでティーラトンがセントラルMFを務めた際は頻繁に左SBのポジションに入っており、代表でも大崩れはしないはず。日本としてはどちらかと言うと攻め上がる傾向が高い右SBのトリスタン・ドーの背後を狙いたいところだ。

後半終盤に投入されるであろうFWシローチ・チャットーンには要注意。日本守備陣が苦手とするゴリゴリタイプの選手であり、ゴール前での競り合いとファウルには十分注意が必要だ。

広告

オーストラリア代表メンバー発表(vsイラク、UAE)。Jリーグ組のデゲネク、バーンズらが選出

オーストラリア・サッカー協会は17日、W杯アジア最終予選イラク代表戦(23日)、UAE代表戦(28日)に挑むオーストラリア代表メンバー23名を発表した。

今回最大の目玉はアデレード・ユナイテッドのMFライリー・マグリー。昨シーズンのAリーグ王者アデレードで活躍するセントラルMFだが、まだ19歳でこれまでA代表は未招集。若手選手を積極的に起用するアンジ・ポステコグルー監督ならではの人選となった。

またAリーグで好調を維持するシドニーFCからかつて仙台でプレーしたGKダニー・ヴコヴィッチ、DFリアン・グラントが選出。負傷離脱したMFジェームズ・ジェゴ(シュトルム・グラーツ)の代替選手としてFC東京でプレーするFWネイサン・バーンズが追加招集されている。

メンバーは以下の通り

・GK

マシュー・ライアン(24) / KRCヘンク(ベルギー)

ミチェル・ランゲラク(28) / VfBシュツットガルト(ドイツ2部)

ダニー・ヴコヴィッチ(32) / シドニーFC

・DF

トレント・セインスベリー(25) / インテル・ミラノ(イタリア)

ブラッド・スミス(22) / AFCボーンマス(イングランド)

レイズ・ウィリアムズ(28) / パース・グローリー

ベイリー・ライト(24) / ブリストル・シティFC(イングランド2部)

アジズ・ベヒッチ(26) / ブルザスポル(トルコ)

ミロシュ・デゲネク(22) / 横浜F・マリノス(日本)

リアン・グラント (26) / シドニーFC

・MF

ミル・ジェディナック(32) / アストン・ヴィラFC(イングランド2部)

マーク・ミリガン(31) / バニヤス・クラブ(UAE)

ジェームス・トロイージ(28) / メルボルン・ヴィクトリー

マッシモ・ルオンゴ(24) / QPR(イングランド2部)

アーロン・ムーイ(26) / ハダースフィールド・タウンFC(イングランド2部)

ジャクソン・アーヴァイン (24) / バートン・アルビオンFC(イングランド2部)

ムスタファ・アミニ (23) / AGF(デンマーク)

ライリー・マグリー(19) / アデレード・ユナイテッド

・FW

ティム・ケーヒル(36) / メルボルン・シティFC

ロビー・クルーズ(28) / 遼寧宏運(中国)

マシュー・レッキー(26) / FCインゴルシュタット04(ドイツ)

ネイサン・バーンズ(28) / FC東京(日本)

トミ・ユーリッチ(25) / FCルツェルン(スイス)

「UAE代表講座」〜今のうちから相手を知って万全な体制で応援しよう!〜

3/24(金)に行われるW杯アジア最終予選、UAE代表vs日本代表。お互いのメンバーが発表され、いよいよ代表ムードに突入すると思われるこの時期だが、対戦相手のUAE代表は今どのような状況に置かれているのか、どんなメンバーが日本に挑むのか。警戒すべき選手は誰なのか、これまでうやむやだった「UAE代表の姿」を理解し万全の知識を持って試合に挑むために、彼らの状況を今一度整理しておきたい。

UAE代表のここまでの戦い振りは?

      日本 1-2 UAE
    (得点者:アーメド・ハリル×2)
    UAE 0-1 オーストラリア
      UAE 3-1 タイ
    (得点者:アリ・マブフート×2,アーメド・ハリル)
    サウジアラビア 3-0 UAE
      UAE 2-0 イラク
    (得点者:アーメド・ハリル,イスマイル・マタル)

3勝2敗 (グループ4位)

アウェイ日本戦で大金星を挙げたUAE代表だったが、続くホームのオーストラリア戦で痛い敗戦。その後タイ戦で勝利するも、アウェイに乗り込んだサウジアラビアとの一戦で0-3と完敗してしまう。この敗戦はUAE国民の逆鱗に触れたようで、すぐさまメフディ・アリ監督(51)解任の噂がメディアを通じて流れたほどであった。

背水の陣として挑んだホームのイラク戦で勝利したものの、グループ4位は変わらず、いわば「首の皮一枚繋がった状態」。24日は日本にとっても”絶対に負けられない戦い”だが、UAEにとってはグループ生き残りをかけた、”絶対に、絶対に負けられない戦い”なのだ。

今回のUAE代表のメンバーは?

そんなUAE代表のメンバーはこちら。特筆すべきは2012年にロンドン五輪に出場したUAE代表19名のうち実に13名が選ばれている点。この世代は”UAE黄金世代”と呼ばれ、ユース年代からアジアにその名を轟かせていた。当時からロンドン五輪、そして現代表をメフディ・アリ氏が率いており、まさに「一貫指導体制」を貫いているといえる。

その他UAEを代表する名門クラブ、アル・アハリ・ドバイから8名、アル・アインから6名、アル・ジャジーラから5名が選出されている。

警戒すべき選手は?

もうおなじみかもしれないが、UAE代表の警戒すべき選手を7人挙げてみた。

イスマイル・アハマド(Ismail Ahmed)

ポジション:DF
年齢:33
所属:アル・アイン

UAE代表の守備陣を統率するベテランのセンターバック。生まれはモロッコで、2008年にアル・アインに加入。4年後の12年にUAEに帰化し、以降代表チームになくてはならない守備の柱として活躍している。

彼の最大の武器は191cmの長身を生かしたエアバトル。惜しくも準優勝に終わった昨シーズンのACL決勝では全北現代の”進撃の巨人”こと韓国代表FWキム・シンウク(197cm)と最後まで互角の強さを見せた。

圧倒的な高さに加え北アフリカ出身らしい足元の技術も兼ね備えるが、アジリティの低さが欠点。日本としては香川選手や原口選手ら機動力のある選手をPA内に侵入させ「ミスマッチ」を起こせば得点のチャンスはグッと高まるだろう。一方セットプレーではターゲットにされることが多い。吉田選手を中心に良いタイミングで合わせられないよう気をつけたい。

アメル・アブドゥルラフマン(Amer Abdulrahman)

ポジション:MF
年齢:27
所属:アル・アイン

UAE屈指のプレーメーカー。自陣深くでボールを受け、長短のパスで攻撃にアクセントをつけるUAE代表の”影の主役”的存在。

昨年の日本戦では守備的MFの位置に入り、守備陣と攻撃陣の橋渡し役として大活躍。その後は負傷に苦しんだものの、現在は回復。所属先のアル・アインで本来のプレーを取り戻しつつある。出場すれば厄介な選手になること間違いなし。個人的には高萩洋次郎選手との「プレーメーカー」対決が見たい。

アメルは3月20日、代表合宿中の負傷により代表メンバーから離脱することが発表されました。(記事はこちら)

オマール・アブドゥルラフマン(Omar Abdulrahman)

ポジション:MF
年齢:25
所属:アル・アイン

今やアジアを代表する選手に成長したUAEサッカー界屈指のファンタジスタ。独創的なパスや奇想天外なテクニックを駆使し、”UAE黄金世代”の中心選手として攻撃陣を牽引する。

ここ最近のオマールは所属先のアル・アインでFWとして起用される機会が増えた。試合を通してのパフォーマンスには未だにムラがあるものの、実質的な「0トップ」としてプレーの幅を広げつつある。開催地のハッザーア・ビン・ザーイド・スタジアムはデビュー時から慣れ親しんだ場。日本としては国際経験豊富な長谷部選手、山口選手が試合を通して目を光らせ、彼のペースに持ち込ませないように心掛けたい。

ムハンマド・アブドゥルラフマン(Mohammed Abdulrahman)

ポジション:MF
年齢:28
所属:アル・アイン

前述したオマールの実兄。弟ほどの派手さはなく、むしろ豊富な運動量を生かしたプレーを持ち味とする”労働者タイプ”のマルチプレーヤー。途中出場が予想される代表チームでは攻撃のアクセントをつけるジョーカー的な役割として期待されている。「オマールの兄」というイメージで安易に対峙すると痛い目に遭うだろう。

アリ・マブフート(Ali Mabkhout)

ポジション:FW
年齢:26
所属:アル・ジャジーラ

抜群の得点感覚を誇るUAE代表の得点源。左サイドから裏へ抜け出すプレーが得意で、体幹の強さが一目でわかる走り方からあのクリスティアーノ・ロナウドを連想させる。

近年は所属するアル・ジャジーラでそのゴールセンスを爆発させており、昨シーズンはリーグ戦23試合23ゴール、今シーズンは20試合で驚愕の26ゴールを記録中。国内リーグでは圧倒的な成績を残す一方、ACLや高いレベルの代表戦では本来のパフォーマンスをなかなか発揮出来ない状態が続く。ユース年代から”黄金世代”の盟友オマールから何度もゴールを奪ってきたその才能を発揮出来るか。日本としてはマークの受け渡しを徹底し、サイドから中央に侵入する好みのプレーを消したいところだ。

アーメド・ハリル(Ahmed Khalil)

ポジション:FW
年齢:25
所属:アル・アハリ・ドバイ

昨年行われた日本戦で直接FKとPKで2ゴールを決めた「日本キラー」。今シーズンもアル・アハリ・ドバイで主将として活躍中(17試合12ゴール)だが、今月UAEメディアからライバルクラブのアル・ジャジーラへ年俸1600万UAEディルハム(約5億円)、4年契約で移籍することが報じられた。オマールと並ぶ”UAE黄金世代”の代表的選手であり、10代の頃から活躍するUAE代表の絶対的ストライカー。

右足からのキックは強烈で、遠距離からでもゴールを狙える威力を誇る。また日本ディフェンス陣が1番嫌がるとされるフィジカルを生かしたゴリゴリドリブルも武器。日本としては(距離を問わず)とにかくフリーでシュートを打たさないことが大事。強靭なフィジカルを持つ一方、どういう訳かペナルティエリア内では”極端に倒れやすい”特徴にも注意を払いたい。

※ハリルだが、ここ1ヶ月は怪我で戦列を離れている時間が多かったらしい。今回も招集メンバーに名を連ねているものの、本来のパフォーマンスとは程遠い出来な可能性が予想される。

イスマイル・マタル(Ismail Matar)

ポジション:FW
年齢:33
所属:アル・ワフダ・アブダビ

UAEサッカー界のレジェンド。2003年にUAEで開催されたFIFAワールドユース(現FIFA U-20W杯)に出場し、見事ベスト8入賞、大会MVPを獲得。当時少年だった”UAE黄金世代”の面々に「UAE人でも世界で通用出来る”ことを実証してみせた代表的プレーヤーであり、33歳になった現在もUAE国民から絶大な人気を誇る。

近年はパッとした成績を残せずにいたが、2015年にメキシコ人指揮官ハビエル・アギーレ氏(58)が所属するアル・ワフダの監督に就任した辺りからパフォーマンスが復調。昨シーズンは10番、主将としてフルシーズンを戦い、リーグ3位/ACL出場に貢献した。

かつてほどの凄みはないものの、彼が代表に選出された際はオマールが10番を譲るほど代表メンバーに与える影響は絶大。後半終盤に投入されるとスタジアム全体のボルテージが最高潮に達することも予想されるため、日本としては彼が投入される前に試合を決めたい。

日本代表の戦い方は?

欧州組が中心となるであろう日本代表のスタメンは時差ボケがなく、割と良好なコンディションで試合に臨めると予想。勝利が絶対条件のUAEは積極的に攻めてくる可能性が高いため、ハリルとマブフートの一発に気を付けつつ、落ち着いてボールを回すことが出来れば勝機は十分あるはずだ。ただやはりオマールは要警戒。得点パターンの多くを経由する彼をいかに封じられるか、ボランチ2人の力が試される一戦となるだろう。