韓国2部の富川FC 1995、元鳥栖のブラジル人MFニルソンを獲得

Kリーグチャレンジ(2部)の富川FC1995は8日、同リーグの釜山アイパークを退団したブラジル人MFニルソン・ジュニオール(27)獲得を発表した。

ニルソン・ジュニオールは184cmと長身の守備的MF。高い身体能力を生かしたディフェンスが持ち味で、2013年にはJリーグのサガン鳥栖でプレーした経歴を持つ。

昨シーズンは7月にブラジルのサルゲイロPEからKリーグ2部の釜山アイパークへ加入。途中加入ながら中盤のアンカーとして活躍し、低迷していた釜山の後半戦躍進に貢献。リーグの週間ベストイレブンにも選ばれていた。

新たに移籍する富川FC1995は釜山らと共にKリーグ1部昇格を目指すクラブ。韓国メディア「Naver Sport」によると、監督のチョン・ガブソク氏は

センターバックもこなせる器用さに注目している。彼の加入で守備面が更に強固なものとなるだろう

と話したとのこと。悲願の1部昇格へ、ニルソンの活躍に期待したい。

広告

釜山アイパーク、元U-23ブラジル代表MFらを獲得

韓国Kリーグ2部の釜山アイパークは6日、ブラジル・セリエAのバイーアから元ブラジルU-23代表MFロムロ(21)獲得を発表した。

ロムロは169cmと小柄な攻撃的MF。年代別のブラジル代表選出経験を持ち、2015年に行われたパンアメリカン競技大会サッカー競技大会ではブラジルU-23代表としてリオ五輪優勝メンバーらと共に銅メダル獲得に貢献したとのこと。

釜山は今オフ、名古屋グランパスから元日本代表DF安田理大(30)、サンタクルスからブラジル人DFダニー・モライス(31)、富川FCからブラジル人FWルキアン(25)らを獲得。2年ぶりの1部復帰を目指し積極的な補強を敢行している。