蔚山現代、クロアチア人アタッカーを獲得

韓国Kリーグの蔚山現代は9日、中国スーパーリーグの長春亜泰から元クロアチアU-21代表MFミロスラフ・オルシッチ(24)獲得を発表した。

オルシッチは身長178cmのウィンガー。抜群のスピードと変幻自在のドリブルを駆使し、左サイドからカットインを織り交ぜながらゴールを奪うプレーが得意な選手。2015~16年途中まで在籍した全南ドラゴンズでは圧倒的なパフォーマンスを披露し、リーグ関係者から「KリーグNo.1の外国人選手だ」との評価を得たことでも知られている。

長春亜泰では活躍出来なかったようだが、Kリーグでの実績は抜群。ACLの舞台でも活躍が楽しみなプレーヤーだ。

広告

蔚山現代、オーストラリア人MF獲得へ

Aリーグのブリスベン・ロアーは6日、所属する元オーストラリアU-23代表MFディミトリ・ペトラトス(24)がKリーグ1部の蔚山現代へ移籍することを発表した。

ペトラトスはギリシャにルーツをもつ攻撃的MF。シドニーFC、ケランタンFA(マレーシア)などを経て、2013年にブリスベン・ロアーに加入していた。

ペトラトスを獲得した蔚山現代は全北現代の審判買収スキャンダルによりACLプレーオフに繰り上げ出場することが決定済み。外国人選手はFKオーストリア・ウィーンから獲得した元オーストリアU-21代表DFリヒャルト・ヴィントビヒラー(25)以来の補強となる。