Kリーグの大邱FC、元FC岐阜のFWエヴァンドロを獲得

Kリーグ1部の大邱FCは22日、ブラジル人FWエヴァンドロ(29)獲得を発表した。

(大邱FCの公式FBページより) https://m.facebook.com/photo.php?fbid=1292494290842414

エヴァンドロは186cmと長身ながら豊かなスピードを武器とした突破が武器のストライカー。ブラジルの数クラブを経て、2015年に大分トリニータに加入。昨シーズンはJ2のFC岐阜に在籍していた。

大邱FCは今シーズン、新たに1部に昇格したクラブ。1部定着を狙う今季は得点源としてタイリーグで活躍したブラジル人FWジュニオール・ネグロン(30)を獲得したが、リーグ開幕直後に負傷。長期離脱を余儀なくされており、代わりとなる外国人ストライカー獲得に動いていた。

大邱にはFC岐阜から新加入したブラジル人FWレオ・ミネイロ(27)が在籍中。エヴァンドロと旧知のコンビでの得点量産に期待がかかる。

広告

大邱FC、疑惑の”元東ティモール人アタッカー”を獲得

韓国Kリーグ1部の大邱FCは24日、ブラジル人MFロドリゴ・シウヴァ(29)獲得を発表した。与えられた背番号は10番とのこと。

ロドリゴ・シウヴァは169cmと小柄でアジリティ能力に定評のある攻撃的MF。ブラジルの名門アトレチコ・ミネイロでプロデビューを果たし、以降はアル・ナスル(クウェート)、エミレーツ・クラブ、ハッタ・クラブ(共にUAE)などでプレー。2014年には東ティモール国籍し、代表チームでも活躍していた。

ただ彼は今年1月にAFCが発表した「東ティモール国籍偽装選手」12人の中に入っていたため、大邱ではブラジル人扱いとして登録されることになる。1部昇格を果たし、汚名返上を期待したい。