レッドブル・ザルツブルグ、ソリアーノの北京中赫国安移籍を発表

オーストリア1部リーグのレッドブル・ザルツブルグは27日、元スペインU-21代表FWホナタン・ソリアーノ(31)の中国スーパーリーグの北京中赫国安移籍を発表した。

昨日の記事にも書いたが、ソリアーノは2012年から5年間、レッドブル・ザルツブルグで活躍したストライカー。27日にはレッドブル・ザルツブルグが公式Twitterアカウントにてお別れのメッセージを伝えている。

広告

レッドブル・ザルツブルグの大エース、中国行きが迫る

オーストリア1部リーグの強豪レッドブル・ザルツブルグに所属する元スペインU-21代表FWホナタン・ソリアーノ(31)が中国スーパーリーグの北京中赫国安へ移籍する模様。

オーストリアメディア「SN aktuell」によると、北京中赫国安はスペイン人指揮官ホセ・ゴンザレス氏(50)の強い意向からソリアーノへ1000万ユーロ(約11億8000万円)のオファーを提示。ソリアーノはオファーを受け入れたとのこと。

日本代表FW南野拓実(22)も在籍するレッドブル・ザルツブルグで2012年からプレーするソリアーノはこれまでリーグ戦144試合120ゴールを記録。3年連続でリーグ得点王のタイトルを手にしているオーストリアリーグを代表するストライカーとして知られている。