タイ代表FWティーラシン・デーンダー、史上初のタイリーグ通算100ゴールを達成

タイ1部リーグのムアントン・ユナイテッドに在籍するタイ代表FWティーラシン・デーンダー(28)が大記録達成だ。11日に行われたタイ1部リーグ、ナコンラチャシマーFCとの一戦に出場し、後半18分にチーム2点目となるゴールを記録。史上初のタイ1部リーグ通算100ゴールを達成した。

ティーラシン・デーンダーは181cmと長身ながら、豊かなテクニックとスピードを武器に多彩なゴールパターンを持つタイを代表するストライカー。2007-08には当時オーナーを務めていたタイの政治家タクシン・チナワットの影響でマンチェスター・シティに加入。14-15シーズンにはスペイン1部のアルメリアにも在籍した経歴を持つ。

タイでは2012シーズンに得点王のタイトルを手にしており、近年もムアントンのエースストライカーとして常に10ゴール以上を叩き出していたティーラシン。ACLや代表戦でもゴール量産を期待したい。

広告

鹿島を撃破したムアントン・ユナイテッド、元Jリーガーのヘベルチを獲得

タイ1部リーグのムアントン・ユナイテッドは2日、サウジアラビア1部リーグのアル・シャバブ・リヤドからブラジル人FWヘベルチ(28)獲得を発表した。背番号は7番、契約期間は2年半とのこと。

ヘベルチはかつて草津、セレッソ大阪、仙台などで活躍した左利きのアタッカー。2012年に仙台を退団した後はタイ1部リーグのラチャブリーFCでストライカーとして大ブレイク。シーズンのリーグ得点王を獲得していた。

ムアントンは先日エースのブラジル人FWクレイトン・シウヴァ(30)が中国2部リーグの上海申鑫へ移籍。後釜となる外国人ストライカー獲得に動いていた。

鹿島と対戦のムアントン・ユナイテッド、所属するタイ代表MFが重傷

タイ・プレミアリーグのムアントン・ユナイテッドは18日、所属するタイ代表MFサーラット・ユーイェン(24)が全治5〜6ヶ月の負傷を負ったことを発表した。

サーラットは昨日行われたリーグ戦(vsスコータイFC戦で右足首を負傷。すぐさま元韓国代表MFイ・ホ(32・元大宮)と交代していた。

サーラットはムアントンだけでなく、タイ代表としても欠かせない中盤の要。ACLはもちろん、W杯3次予選で苦しい戦いを余儀なくされているタイ代表としても大きな痛手となった。

ムアントン・ユナイテッドのエース、中国2部リーグへ移籍

中国・リーグ1(2部)の上海申鑫は18日、タイ・プレミアリーグのムアントン・ユナイテッドからブラジル人FWクレイトン・シウヴァ(30)獲得を発表した。

クレイトン・シウヴァはゴール前での高い決定力が魅力のストライカー。BECテロ・サーサナ在籍時の2012年にタイ・プレミアリーグ得点王のタイトルを獲得。2014年から加入したムアントンでもエースとして活躍し、昨シーズンには2度目のタイ・プレミアリーグ得点王に輝いていた。

※昨日のリーグ戦でクレイトンのお別れセレモニーが行われた模様。

絶対的エースを放出したムアントンは穴を埋めるストライカー獲得に着手。噂ではサウジアラビア1部リーグのアル・シャバブ・リヤドを退団したブラジル人FWヘベルチ・フェルナンデス(28・元草津、C大阪、仙台)獲得に動いているとのこと。

青山選手のゴールでムアントンが勝利

今日行われたタイ・プレミアリーグ、ムアントン・ユナイテッド 1-0 スコータイFC。

ムアントンは後半7分に元日本U-23代表DF青山直晃選手(30)が先制ゴール。この一点を守りきり勝利した模様。(FKをヘディングでクリアした相手のちょうど目の前に青山選手がおり、運良く頭に当たったいわば”ラッキーゴール”)

この試合に挑んだムアントンのスタメンはこちら。

システムは4-3-3。タイ代表で不動の左SBの座を確立したDFティーラトン・ブンマタン(27)が組み立て能力を生かして中盤にコンバートされ、元々中盤でゲームを作る役割を担っていたタイ代表MFチャナティプ・ソングラシン(23)がよりゴールに近い位置である左WGへ。かつてニューカッスル・ユナイテッドなどで活躍した元スペインU-21代表FWシスコ(30)が1トップに入る布陣だった。

ムアントンがセリオ・サントス獲得。マリオはポリス・テローヘ

タイ・プレミアリーグのムアントン・ユナイテッドは8日、韓国Kリーグ1部の蔚山現代からブラジル/東ティモール人DFセリオ・サントス(29)獲得を発表した。

セリオはかつてイラン1部リーグのトラクトゥール・サーズィーやUAE2部のアル・シャアブCSCなどでのプレーした経験を持つ189cm、左利きのCB。東ティモール国籍も所持しているが、一連の東ティモール・スキャンダルでは処分された「7人のブラジル人」には名を連ねていなかった。

なおムアントンはセリオの獲得でスペイン人DFマリオ・アルバレス(35)を同リーグのポリス・テローFC(旧BECテロ・サーサナ)へ放出。マリオは先日行われたトヨタ・プレミアカップ2016、サンフレッチェ広島戦では所属する日本人DF青山直晃(30)と共にCBとしてフル出場していたが、3失点を許し敗戦。このパフォーマンスで首脳陣の評価を落としたか。