インドネシアリーグのマドゥーラ・ユナイテッド、今度は元ブレーメンのFWサノゴを獲得

インドネシア1部リーグのマドゥーラ・ユナイテッドは1日、元コートジボワール代表FWブバカル・サノゴ(34)獲得を発表した。

サノゴは188cmの長身ストライカー。2002年から在籍したUAE1部リーグのアル・アインで評価を高め、05年にドイツのカイザー・スラウテルンに加入。以後ハンブルガーSV、ブレーメン、ホッフェンハイムなどドイツ名門クラブで活躍した。

近年は活躍の場を再びアジアへ移し、UAE1部のアル・フジャイラ、インディアン・スーパーリーグ(インド)のノースイースト・ユナイテッドなどに在籍していた。マドゥーラ・ユナイテッドには同じく今春に加入した元ナイジェリア代表FWピーター・オデムウィンギー(35)が既にエースとして活躍中。サノゴとのアフリカン2Topに期待が集まるところだ。

広告

エッシェンに続きオデムウィンギーもインドネシアへ

インドネシアメディア「TRIBUN news」によると、元ナイジェリア代表FWピーター・オデムウィンギー(35)が今日(日曜日)にもインドネシアに到着する模様。兼ねてからの報道通り、インドネシア1部リーグのマドゥーラ・ユナイテッドと契約を結ぶと思われる。

オデムウィンギーはイングランド・プレミアリーグのウェストブロミッジ・アルビオンやストーク・シティなどで活躍した長身ストライカー。昨シーズンはイングランド2部リーグのロザラム・ユナイテッドに在籍していたが、既に退団しており現在はフリーとのこと。

インドネシア1部リーグは先日ペルシブ・バンドンがかつてチェルシーやレアル・マドリードなどで活躍した元ガーナ代表MFマイケル・エッシェン(34)を獲得したばかり(エッシェン移籍の記事)。相次ぐ大物選手の移籍でリーグが盛り上がりそうだ。