元鹿島のタルタはポリス・テローへ

タイ・プレミアリーグのポリス・テローFCは11日、同リーグのウボンUMTユナイテッドから元ブラジルU-18代表MFタルタ(27)獲得を発表した。

タルタは2007年に行われた仙台カップ国際ユースサッカー大会にブラジルU-18代表として出場したアタッカー。その後は2011年夏に鹿島アントラーズに加入。以降ジョインビレ、蔚山現代を経て、昨シーズンからタイに活動の場を移していた。

広告

ムアントンがセリオ・サントス獲得。マリオはポリス・テローヘ

タイ・プレミアリーグのムアントン・ユナイテッドは8日、韓国Kリーグ1部の蔚山現代からブラジル/東ティモール人DFセリオ・サントス(29)獲得を発表した。

セリオはかつてイラン1部リーグのトラクトゥール・サーズィーやUAE2部のアル・シャアブCSCなどでのプレーした経験を持つ189cm、左利きのCB。東ティモール国籍も所持しているが、一連の東ティモール・スキャンダルでは処分された「7人のブラジル人」には名を連ねていなかった。

なおムアントンはセリオの獲得でスペイン人DFマリオ・アルバレス(35)を同リーグのポリス・テローFC(旧BECテロ・サーサナ)へ放出。マリオは先日行われたトヨタ・プレミアカップ2016、サンフレッチェ広島戦では所属する日本人DF青山直晃(30)と共にCBとしてフル出場していたが、3失点を許し敗戦。このパフォーマンスで首脳陣の評価を落としたか。