AFCチャンピオンズリーグ2017、第2節のベストイレブン&MVP発表

AFCチャンピオンズリーグ2017の第2節におけるベストイレブンが2日、公式アカウントにて発表された。

選出されたのは以下の11名

GK イグナティフ・ネステロフ(33・ロコモティフ・タシケント/ウズベキスタン代表)

DF キム・チャンス(31・蔚山現代/元韓国代表)

DF リヒャルト・ヴィントビヒラー(25・蔚山現代/元U-21オーストリア代表)

DF レアンドロ・パドヴァーニ(33・エステグラル・テヘラン/ブラジル)

DF イ・キジェ(25・蔚山現代/元U-20韓国代表)

MF カルロス・エドゥアルド(27・アル・ヒラル/ブラジル)

MF オスカル(25・上海上港/ブラジル代表)

MF キム・インソン(27・蔚山現代/元U-20韓国代表)

MF イ・チャンミン(23・蔚山現代/U-23韓国代表)

MF ミスラフ・オルシッチ(24・蔚山現代/元U-21クロアチア代表)

FW アレックス・テイシェイラ(27・江蘇FC/ブラジル代表)

全11選手の内訳は西アジアから3選手、東アジアから8選手。スコアが開いたゲームが多かった東アジアのクラブから多数の選手が選出された。※日本勢の選出はなし..

MVPに選ばれたのは蔚山現代の元U-20韓国代表MFキム・インソン(27)。6-0で完勝したブリスベン・ロアー戦では2ゴールを挙げ、登り調子のチームを支えた。かつてCSKAモスクワでもプレーしたウィンガーの今後に注目したい。

なおMVPランキング6位には2012〜14年まで清水エスパルスでプレーした元U-20韓国代表DFイ・キジェ(25・蔚山現代)、7位に日系人として有名なカタール代表MFロドリゴ・タバタ(36・アル・ラーヤン)、8位に日本人MF宇賀神友弥(28・浦和レッズ)が選出されている。

広告

AFCチャンピオンズリーグ2017、第1節のベストイレブン発表。日本勢からは槙野選手が選出

AFCチャンピオンズリーグ2017の第1節におけるベストイレブンが24日、公式アカウントにて発表された。

選出されたのは以下の11名

GK ヤセル・アル=モサイレム(32・アル・アハリ・ジェッダ/サウジアラビア代表)

DF リム・チャンウ(25・アル・ワフダ・アブダビ/韓国代表)

DF アディソン・プロムラック(23・ムアントン・ユナイテッド/タイ代表)

DF イスマイル・アフメド(33・アル・アイン/UAE代表)

DF 槙野智章(29・浦和レッドダイヤモンズ/日本代表)

MF ワン・シャンユェン(23・広州恒大淘宝/中国代表)

MF パウリーニョ(28・広州恒大淘宝/ブラジル代表)

MF リャオ・リーシェン(23・広州恒大淘宝/中国代表)

MF サルマン・アル=モアシェル(28・アル・アハリ・ジェッダ/サウジアラビア代表)

FW マヘテ・ディオップ(28・アル・アハリ・ドバイ/元セネガル代表)

FW ユセフ・エル=アラビ(30・レフウィヤ/モロッコ代表)

全11選手の内訳は西アジアから6選手、東アジアから5選手。バランス良い人選となった。

MVPに選ばれたのはレフウィヤのモロッコ代表FWユセフ・エル=アラビ(30)。難敵アル・ジャジーラ・クラブ相手に貫禄の2ゴールを挙げ、見事勝利に貢献した。カタール・スターズリーグでも現在17試合22ゴールと爆発中。今後の更なる活躍に期待したい。