インドネシア1部リーグのプサマニア・ボルネオFC、セネガル代表FWムサ・ソウと獲得交渉か

インドネシア1部リーグのプサマニア・ボルネオFCがトルコ1部リーグのフェネルバフチェに所属するセネガル代表FWムサ・ソウ(31)を獲得する噂がある模様。

これはプサマニア・ボルネオFCの公式Twitterアカウントに掲載された画像。ここにはトルコにてソウとプサマニアのナビル・フセイン会長が共に写っており、「ソウに会った」とのメッセージが。わざわざ公式アカウントでこのようなメッセージを投稿するのは何か意図があるのでは?とインドネシアのサッカーファンを賑わせている。

ムサ・ソウはフランス・リーグアンのスタッド・レンヌやリールなどで活躍したストライカー。現在はアラビアン・ガルフリーグ(UAE1部)のアル・アハリ・ドバイからトルコ1部リーグのフェネルバフチェへローン移籍。貴重な得点源として17試合9ゴールの成績を残している。

元熊本のDFがインドネシアのクラブのトライアルに参加

かつてロアッソ熊本に在籍した日本人DF山下訓広(30)がインドネシア・サッカーチャンピオンシップ(1部相当)に所属するプサマニア・ボルネオFCのトライアルに参加している模様。

 

山下は2010年に熊本を退団後、新潟シンガポールやタンピネス・ローヴァーズなどで活躍。2016年に加入したミャンマー・ナショナルリーグのヤンゴン・ユナイテッドではACLプレーオフに出場。空中戦に強く統率力のあるCBとしてアジアで息の長い活躍を続けている。