シンガポール代表MFハリス・ハルン、ホーム・ユナイテッドへ電撃移籍

シンガポールメディア「Today Sport」は10日、マレーシア・スーパーリーグのジョホール・ダルル・タクジムFCに所属するシンガポール代表MFハリス・ハルン(26)がSリーグのホーム・ユナイテッドへ移籍したことを発表した。契約期間は6月までの3ヶ月。欧州移籍市場が開くまでの短期ローン移籍とのこと。

ハリス・ハルンは様々なポジションを高いレベルでこなせるマルチプレイヤー。今オフは所属するジョホール・ダルル・タクジムの「より高いレベルで彼をプレーささせたい」との意向から、日本や欧州で移籍先を模索。紆余曲折の末、先月にスペイン3部のセントラ・ダスポルツ・ルスピタレートへのローン移籍が決定していた。(当時の記事がこちら)

ところが今回、セントラ側が納税義務を怠っていたことが発覚。この問題が解決されるまでクラブは新たな選手を獲得することは出来ず、結局ハリスはその問題が解決される6月末まで移籍が先延ばしされることに。ジョホール側も既に外国人登録枠を埋めていたことから、急遽受け入れ先としてシンガポールSリーグの名門ホーム・ユナイテッドに白羽の矢が立ったという。

ホーム・ユナイテッドはSリーグ通算2度の優勝を誇る名門クラブ。今オフはタイ1部のアーミー・ユナイテッドに所属していたシンガポール代表GKハッサン・サニー(32)、同リーグのタンピネス・ローヴァーズからシンガポール代表DFアフィク・ユニス(26)、MFイズディン・シャーフィク(26)、ヤング・ライオンズからクリストファー・ヴァン・フイゼン(24)、ホーガン・ユナイテッドからクロアチア人FWスティッペ・プラジバット(27・元FC岐阜)ら実力選手を多く獲得。リーグとAFCカップ制覇に向け補強を進めていた。

広告

シンガポール代表MFがスペイン3部へ移籍

マレーシア・スーパーリーグのジョホール・ダルル・タクジムFCは2日、所属するシンガポール代表MFハリス・ハルン(26)がスペイン3部リーグの‪セントラ・ダスポルツ・ルスピタレート‬へ移籍したことを発表した。

ハリス・ハルンは最終ラインから前線まで幅広いポジションをこなすマルチプレーヤー。今冬はJDT側から「日本かポルトガルのクラブへローン移籍させる」とのアナウンスがされていたが、なかなか買い手がつかなかった模様。柴崎選手と同じスペインの地でステップアップなるか。