金沢からクウェートへ旅立ったダビ、圧倒的な力を見せつけUAE移籍か?

今春にJ2のツエーゲン金沢からクウェート1部リーグの名門アル・カーディシーヤへ移籍したブラジル人FWダビ(27)。

移籍直後からゴールを量産しており、ここまでリーグ戦8試合12ゴール。驚異的なペースで得点を量産しており、リーグ首位を走るカーディシーヤの絶対的エースストライカーとして君臨している。

そんなダビ。一部の噂によると、既に複数のUAEクラブが獲得に興味を示している模様。多くの中東リーグがオフシーズンへと移行していく中、中東では珍しく”春秋制”を採用しているクウェートリーグはまだまだ試合を残している。このままのペースで彼が活躍すれば更なるビッククラブからオファーが届くかもしれない。

元金沢のダビがクウェートリーグ初ゴール

今年1月に金沢からクウェート1部リーグの名門アル・カーディシーヤへ移籍したブラジル人FWダビ(27)が1/28に行われたクウェート1部リーグ、アル・サリビカイート戦で記念すべきリーグ戦初ゴールを決めた模様。

 

試合は1-0でアル・カーディシーヤが勝利。日本では本領発揮とはいかなかったダビだが、中東サッカーファンにとってはサウジアラビア2部リーグのアル・オロバでゴールを量産していたのが記憶に新しい。クウェートでゴールを量産し、ぜひとも”アラビアンドリーム”を掴んでほしいものだ。