シドニーFC、元スロバキア代表FWホロシュコの退団を発表

AリーグのシドニーFCは22日、所属する元スロバキア代表FWフィリップ・ホロシュコ(33)の退団を発表した。

ホロシュコはトルコ1部リーグのベシクタシュなどで活躍後、15-16シーズンから年俸上限のないマーキープレーヤーとしてシドニーFCに所属。1年目こそ24試合10ゴールと活躍したものの、今シーズンは28試合8ゴール。同じくマーキープレーヤーで、これまた同じくベシクタシュなどで活躍した同僚のブラジル人FWボボー(32)が15ゴールを挙げる中、本来のパフォーマンスを出せずにいた。

シドニーFCのイビニ=イセイ、MLSクラブへ移籍

アメリカ・MLS(メジャーリーグ・サッカー)のバンクーバー・ホワイトキャップスは10日、ベルギー1部リーグのクラブ・ブルージュから元オーストラリア代表FWバーニー・イビニ=イセイ(24)獲得を発表した。

ナイジェリア系オーストラリア人のイビニ=イセイは187cmと長身のウィンガー。セントラル・コースト・マリナーズ在籍時の2010年に当時マリナーズの指揮を執っていたグラハム・アーノルド(53・元仙台監督)に見出されプロデビュー。将来を嘱望されていたが、以降は中国やベルギーリーグ挑戦に失敗するなど伸び悩んでいた。

昨シーズンはクラブ・ブルージュから恩師であるアーノルドが率いるシドニーFCへローン移籍。20試合3ゴールと数字こそ残せなかったものの、献身的なプレーでクラブのリーグ制覇に貢献していた。