韓国2部の富川FC 1995、元鳥栖のブラジル人MFニルソンを獲得

Kリーグチャレンジ(2部)の富川FC1995は8日、同リーグの釜山アイパークを退団したブラジル人MFニルソン・ジュニオール(27)獲得を発表した。

ニルソン・ジュニオールは184cmと長身の守備的MF。高い身体能力を生かしたディフェンスが持ち味で、2013年にはJリーグのサガン鳥栖でプレーした経歴を持つ。

昨シーズンは7月にブラジルのサルゲイロPEからKリーグ2部の釜山アイパークへ加入。途中加入ながら中盤のアンカーとして活躍し、低迷していた釜山の後半戦躍進に貢献。リーグの週間ベストイレブンにも選ばれていた。

新たに移籍する富川FC1995は釜山らと共にKリーグ1部昇格を目指すクラブ。韓国メディア「Naver Sport」によると、監督のチョン・ガブソク氏は

センターバックもこなせる器用さに注目している。彼の加入で守備面が更に強固なものとなるだろう

と話したとのこと。悲願の1部昇格へ、ニルソンの活躍に期待したい。

広告

「アイツ今何してる?」〜ムスタファ・エル・カビル〜

昨夏に鳥栖に加入したモロッコ代表FWムスタファ・エル・カビル(28)。スウェーデンやトルコリーグなどで活躍した実績を買われたものの、5試合0ゴールと低調な成績に終始。クラブからは一度契約を更新したが、すぐさま契約解除。僅か半年間の在籍となった。

現在はトルコ1部リーグのアンタルヤスポルに所属。デビュー戦となったコンヤスポル戦(2/12)では見事初ゴールをゲットした模様。

チームにはかつてリヨンなどでプレーした元カメルーン代表MFジョン・マクーン(33)、トッテナムなどでプレーした元ブラジル代表MFサンドロ(27)、”カメルーンの英雄”FWサミュエル・エトー(35)などワールドクラスのタレントがゾロリ。経験豊富な選手達と切磋琢磨し、ぜひ再びJへ戻ってきてもらいたい。