アジアサッカー関連選手2「グルプリート・シン・サンドゥ」

 

名前 : グルプリート・シン・サンドゥ(Gurpreet Singh Sandhu)
国籍:インド
ポジション:GK
年齢:24

所属:スタベイク(ノルウェー1部リーグ)

成長著しいインド代表の主将を務める大型GK。

2009年に母国の名門イースト・ベンガルでデビューした後、2014シーズンからかつて小林大悟選手(33・ニューイングランド・レボリューション)も在籍したノルウェーのスタベイクに加入。クラブではコートジボワール代表GKサユバ・マンデ(23)の控えという位置付け2016年8月にはインド人選手として史上初めてヨーロッパリーグの試合に出場した。

194cmの長身、またストリートファイターの「ダルシム」を連想させるような圧倒的なリーチの長さでゴール前に立ちはだかる。足元の技術など課題も多いが、ポテンシャルの高さは間違いなく南アジアNO.1。今後の躍進が楽しみな選手の一人だ。

広告