元鹿島のオズワルド・オリヴェイラ氏、蓄えていたヒゲをバッサリ剃る

07〜11シーズンまで鹿島アントラーズで指揮を執ったブラジル人指揮官オズワルド・オリヴェイラ氏(66)。鹿島退団後、フラメンゴやコリンチャンスなどを経て、現在はカタール・スターズリーグの古豪アル・アラビ・ドーハで監督を務めている。

オリヴェイラ氏がカタールへやってきたのは今年1月。就任当初はかつての凛々しい風貌そのものだった。

ところがそれから約1カ月後、やや伸びていたヒゲが伸び、ハリウッドの映画監督さながらの出で立ちに変貌する。

そして現在のオリヴェイラ氏がこちら。ヒゲをバッサリ剃り、元の姿に戻ってしまった印象。1月〜2月にかけて何かワイルドになりたい気持ちが爆発していたのだろうか。何とも気になるところだ。

広告

デジャガー、ヴォルフスブルクへ復帰

ドイツ・ブンデスリーガのヴォルフスブルクは31日、イラン代表MFアシュカン・デジャガー(30)獲得を発表した。ヴォルフスブルクへは2012年以来約5年振りの復帰となる。

デジャガーはイラン生まれ、ドイツ育ち。圧巻のテクニックと右足からの正確なクロスが武器のウィンガーで、セットプレーのキッカーとしても知られている。

2014年から約2年間プレーしていたカタール・スターズリーグのアル・アラビ・ドーハでは主力として活躍していたものの、チームはなかなか中位から抜けらない状況が続いていた。デジャガー自身もカタールでプレーするモチベーションがどんどん下がっていたようで、今月辺りから「海外のクラブへ移籍するのでは?」との噂が現地メディアにて報じられていた。

ちなみに現在アル・アラビ・ドーハを率いているのは2007,08,09年に鹿島をJリーグ3連覇に導いたブラジル人指揮官オズワルド・オリヴェイラ氏(66)。カタールリーグでの指揮は2005年にアル・アハリ・ドーハを率いて以来約12年振りとのこと。