UAE代表ショック!代表屈指のプレーメーカーが負傷離脱

UAE代表に大打撃だ。UAEメディア「The National Sport」によると、アル・アインに所属するUAE代表MFアメル・アブドゥルラフマン(27)が膝を負傷し、既にW杯アジア最終予選(vs日本、オーストラリア代表)に挑むUAE代表メンバーから離脱した模様。

アメル・アブドゥルラフマンは「UAE黄金世代」を代表するプレーメーカー。豊かな戦術眼と正確なパスを駆使し、UAE代表では最終ラインと豪華な攻撃陣を繋ぐ役割を担っていた。(アメルは先日投稿した記事”「UAE代表講座」〜今のうちから相手を知って万全な体制で応援しよう!〜“において「警戒すべき選手」としてピックアップしている)

一方近年は度重なる負傷癖に悩まされており、昨年のACL決勝(全北現代戦)も負傷により欠場。アル・アイン敗退の原因のひとつと報じられていた。

アメルを欠いたメンバーで日本、オーストラリア代表に挑むUAE代表。おそらくアメルに匹敵するキープ力とパスセンスを持つMFオマール・アブドゥルラフマンがやや下がり目に位置しながらボールを受ける展開が増えるだろう。オマールとFWアーメド・ハリル、アリ・マブフートとの距離が開けばカウンター主体の攻撃が主となることが予想される。

広告