アジアサッカー関連選手「マーク・オチーン」

名前 : マーク・オチーン(Mark Ochieng)

国籍:オーストラリア

ポジション:DF

年齢:20

所属:アデレード・ユナイテッド(Aリーグ)

抜群の身体能力を誇る右サイドバック。

ケニアで産まれ、9歳でオーストラリアに移住。オーストラリアのエリート選手養成機関「AIS」で指導を受けた。その後加入したAリーグのアデレード・ユナイテッドでは弱冠17歳でプロデビュー。先日行われたACLガンバ大阪戦でもスタメン出場したオーストラリア期待の逸材選手だ。

ちなみにオチーンの父親もケニア代表として活躍したプロサッカー選手とのこと。ケニア出身のオーストラリア人選手としては現在PSVのセカンドチームでプレーするオーストラリアU-23代表DFトーマス・デン(19)が有名だが、オチーンも彼の後に続くことが出来るか。これからの飛躍が楽しみな選手だ。

広告