パキスタン代表DFレーマン、イングランドのクラブへ移籍

イングランド・リーグ1(3部相当)のジリンガムFCは23日、パキスタン代表DFゼシュ・レーマン(33)獲得を発表した。契約期間はシーズン終了までの半年間。

レーマンは189cmの長身センターバック。イングランドで生まれ育ち、フラムの下部組織時代にはイングランドU-18,19,20代表に選出された経歴を持つ。2010年以降は自身のルーツであるパキスタン代表を選択した他、ムアントン・ユナイテッド(タイ)、傑志(香港)、パハンFA(マレーシア)などアジア方面で長らく活躍していた。

ちなみに筆者とレーマンは4,5年前に一度Twitterを通して交流する機会があった。当時彼は「Jリーグはレベルが高いし、日本の文化にも興味がある。いつか行ってみたいな」と話していたのを覚えている。まだ33歳。いつか日本で顔をあわせることを心待ちにしている。

広告