アル・ファイサリーFC、セルビア人監督が就任。

サウジ・プロフェッショナルリーグ(1部)のアル・ファイサリーFCは27日、新監督にセルビア人指揮官ヴク・ラゾヴィッチ氏(44)就任を発表した。

ラゾヴィッチ氏は現役時代、セルビアリーグの名門パルチザン・ベオグラードなどでプレー。引退後は古巣のパルチザンやディナモ・ミンスクなどで指揮を執り、今シーズンはセルビア1部リーグのFKナプレダク・クルシェヴァツの監督を務めていた。

アル・ファイサリーFCは昨シーズン、サウジ・プロフェッショナルリーグ9位。昨年11月にブラジル人指揮官ヘリオ・ジョゼ氏(59)を解任。以降はアシスタントコーチが暫定監督を務めていた。

広告

ジェイ無念!サウジアラビア、イティファク・クラブ入りが消滅

残念なニュースだ。サウジアラビアメディア「MBC Pro Sport」によると、昨シーズン限りでジュビロ磐田を退団した元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド(34)のサウジ・プロフェッショナルリーグ(1部)、イティファク・クラブ入りが消滅した模様。

ジェイに関しては昨日サウジアラビア国内で「イティファク・クラブが獲得に動いている」と噂に挙がっていた(当時の記事)。この噂は事実だったようで、ジェイは昨日バーレーン経由でサウジアラビアへ到着。そのままクラブの練習を見学するなど加入は目前かに見えたが、クラブのメディカルチェックをパス出来なかったとのこと。

負傷離脱中のボリビア代表FWヤスマニ・ドゥク(29)に替わる外国人ストライカーを探していたイティファク・クラブの補強は再び振り出しに。サウジアラビアリーグ初のイングランド人プレーヤー誕生の夢も立ち消えとなってしまった。

元磐田のジェイ、サウジアラビアのイティファク・クラブ入りか?

昨シーズン限りでジュビロ磐田を退団した元イングランド代表FWジェイ・ボスロイド(34)にサウジ・プロフェッショナルリーグ(1部)に所属するイティファク・クラブ入りの噂がある模様。

イティファク・クラブの情報を伝えるこちらのアカウントによると、イティファクは

「負傷離脱中のボリビア代表FWヤスマニ・ドゥク(29)の代わりとしてジェイと契約する見込みである」

とのこと。

イティファク・クラブは昨シーズン、2部リーグから昇格したクラブ。2012にはACLにも出場した実績を持ち、クラブにはU-23サウジアラビア代表として活躍する191cmの大型MFモハメド・カノー(22)、イタリア・セリエA、ナポリ在籍の元スペイン代表FWホセ・カジェホン(30)の双子の兄弟であるMFファンミ・カジェホン(30)ら有力選手が在籍している。

これまでサウジアラビアリーグでプレーしたイングランド人選手は(記憶では)1人も確認されていない。一方審判の交流は存在しており、EURO2016決勝で主審を務め、「世界最高の審判」と呼ばれていたイングランド人審判マーク・クラッテンバーグ氏(41)が現在サウジ・プロフェッショナルリーグの審判指導部長として活動している。(クラッテンバーグ氏就任時の記事はこちら)

アル・ラエド、アル=サワディとの契約延長を発表

サウジ・プロフェッショナルリーグ(1部)のアル・ラエドは8日、所属するサウジアラビア人MFスルタン・アル=サワディ(24)との契約を延長したと発表した。新たな契約は2020年までの3年間。

アル=サワディは168cmと小柄な快速アタッカー。2012シーズンにアル・アハリ・ジェッダでデビューすると、同時期にデビューを果たしたサウジアラビア代表MFムスタファ・アル=バッサス(23・アル・アハリ・ジェッダ)、FWファハド・アル=ムワラド(22・アル・イテハド・ジェッダ)らと共に若手の逸材選手として期待されていた。

しかしその後は伸び悩み、昨シーズンからはサウジアラビア1部のアル・ラエドへ完全移籍。今シーズンは徐々に出場機会を増やし、ここまでリーグ戦20試合4ゴール。チームの攻撃の軸として活躍していた。

アル・ヒラル、ブラジル人FWチアゴ・アルベスの清水移籍を発表

サウジ・プロフェッショナルリーグ(1部)のアル・ヒラルは3日、所属するブラジル人FWチアゴ・アルベス(24)がJリーグ1部の清水エスパルスへ移籍することを発表した。

こちらがアル・ヒラルの英語版アカウントによるツイート。契約形態はローンとなった模様。

チアゴの移籍について以前書いた記事はこちら。やはり契約形態はローン移籍。ムリキ(元東京)やおそらく今後移籍するであろうドウグラス(アル・アイン)のように外国人枠から漏れ、”早く売りたい”という中東クラブの意図がはっきりと現れた移籍となった。

かつてKリーグを震撼させたアタッカーという点で期待出来るとは思うが、個人的に1番の関心事は全北が手を引いた最大の原因とされるチアゴのレンタル料。チアゴが2015年に城南FCからアル・ヒラルへ移籍した際に発生した移籍金は神戸に加入した元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(31より高い約400万ドル(4億4000万円)。ヒラルでは既に戦力外扱いだったものの、果たしてどのくらいの額だったのだろうか。

オーストラリア下部クラブ監督がサウジアラビアへ

オーストラリア・ナショナル・プレミアリーグ(2部相当)のグリーン・ガリーSCは22日、オーストラリア人指揮官アルトゥール・パパス氏(37)がサウジ・プロフェッショナルリーグ(1部)に所属するイティファク・クラブのコーチに就任したことを発表した。

パパス氏は16歳の頃から指導者の勉強を始め、現役引退後の25歳から本格的に監督業を開始した若き指揮官。これまでオーストラリアU-17代表コーチやインドU-23代表、デンポSC(インド)などインド方面で長らく監督を務めた経歴を持つ。

イティファク・クラブは現在リーグ8位。チームを率いるオランダ人指揮官エルコ・シュハトリェ氏(45)は2015年にインド・Iリーグの名門イースト・ベンガルを率いており、今回の人選に繋がったとされる。

ちなみにオーストラリア人がサウジアラビアでコーチ業を行うのは史上初とのこと。日本人はまだ誰も成し遂げていない。

アル・ファイサリー・ハルマ、イタリア人指揮官を再任

サウジ・プロフェッショナルリーグ(1部)のアル・ファイサリー・ハルマは22日、イタリア人指揮官ジォヴァンニ・ソリナス氏(48)の新監督就任を発表した。

ソリナス氏はイタリアでコーチングライセンスを取得後、主にアフリカのクラブで実績を残していた。2013-14シーズンにはアル・ファイサリー・ハルマの指揮を執っており、今回は約3年振りの復帰となる。

アル・ファイサリー・ハルマは現在、降格ラインに迫るリーグ11位。先日クロアチア人指揮官トミスラフ・イヴコヴィッチ(56)の解任を発表していた。

プレミアリーグ屈指の主審がサウジアラビアへ

イギリスメディア「BBC」によると、‪イングランド・プレミアリーグで長らく主審を務めたマーク・クラッテンバーグ氏(41)がサウジ・プロフェッショナルリーグと契約した模様。クラッテンバーグ氏は昨年行われたEURO2016決勝で主審を務めていた世界屈指の審判とのこと。‬

‪サウジアラビアの審判事情に関しては、今月初めに審判指導部長を務めていたイングランド人審判ハワード・ウェブ氏(45)が辞任。当初ウェブ氏は優秀なサウジアラビア人審判の育成を目指していたが、サウジアラビア協会がリーグの早期発展のため外国人審判を増やすと発表。ウェブ氏はこの決定に反発したと思われる。‬

※昨年撮影された、サウジアラビア2部リーグの試合を1人で観戦するウェブ氏の姿。ウェブ氏は積極的にスタジアムへ足を運び、サウジアラビア国内での審判育成に熱を注いでいた。

‪クラッテンバーグ氏はサウジアラビア協会がかねてから招聘を進めていた「大物外国人審判」の1人だった。もちろん彼の招聘でサウジアラビアサッカーの審判レベルは上がると思うが、ウェブ氏が志していた「国内出身審判のレベルアップ」の計画は完全に置いてきぼりになってしまった。

アル・ナスル・リヤド、サウジアラビア代表GKを獲得

サウジ・プロフェッショナルリーグ(1部)のアル・ナスル・リヤドは3日、同リーグのアル・シャバブ・リヤドからサウジアラビア代表GKワリード・アブドゥラ(30)獲得を発表した。

アブドゥラは196cmと超大型のGK。アカデミーから在籍するシャバブではデビュー当初からレギュラーとして活躍。2013年に行われたACL準々決勝、柏レイソル戦でも正GKとしてゴールマウスを守っていた。

アル・シャバブ・リヤドは今冬、アブドゥラと激しくレギュラー争いを繰り広げていたサウジアラビア代表GKモハメド・アル=オワイス(25)がアル・アハリ・ジェッダへ移籍したばかり。また先日、給料未払いの事実を所属するブラジル人FWへベルチ(28・元草津、C大阪、仙台)が公表。サウジリーグ6回優勝の名門が揺れに揺れている。

アル・ファテー、チュニジア代表MFを獲得

サウジ・プロフェッショナルリーグ(1部)のアル・ファテーは31日、チュニジア代表MFアブデルカデル・”カデル”・ウェスラティ(25)獲得を発表した。契約期間はリーグ終了までのローンとのこと。

カデルは185cmと長身の右WB/SB。フランス出身でアトレティコ・マドリーの下部組織で育成され、以降はスペイン2部リーグのヌマンシアでプレー。2015年からは自身のルーツであるチュニジアの名門クラブ、クラブ・アフリカーンに在籍していた。

アル・ファテーは現在リーグ最下位。今冬にはアル・イテハド・ジェッダからサウジアラビア人DFトゥルキ・アル=ガフラン(25)、イティファク・クラブからサウジアラビア人FWアリ・アル=ザカン(25)を獲得。リーグ残留に向けて補強に奔走している。