日本人MF鈴木梨生、ディナモ・ザグレブのトライアルで大活躍

18歳の若武者が快挙達成だ。日本人MF鈴木梨生(18)がクロアチア1部リーグの名門ディナモ・ザグレブのトライアルに参加し、セカンドチームの一員として出場した練習試合で3試合1ゴール1アシストを記録した模様。

練習試合で得点した鈴木選手を紹介したディナモ・ザグレブ公式サイトによる記事。鈴木選手を日本の自動車メーカーに例え、「スズキの”高性能のギア”によってゴールが生まれた」と称賛している。

鈴木選手は千葉明徳高校出身のアタッカー。昨年11月に東京大学検見川グランドで開催された第9回世界プロサッカー挑戦セレクションで見事合格。今冬からディナモ・ザグレブのトライアルに参加していたとのこと。

ディナモ・ザグレブはクロアチア1部リーグ18回の優勝回数を誇るクロアチアを代表する名門クラブ。1999年には”キングカズ”こと元日本代表FW三浦知良(50)がプレー。また広島の元U-21クロアチア代表MFミハエル・ミキッチ(37)、FC東京の元ナイジェリア代表FWピーター・ウタカ(33)も在籍した経歴を持つ(ウタカはアカデミーに1年間在籍したのみ)。

近年は多くの逸材選手をヨーロッパの名門クラブへ送り込んでいるディナモ・ザグレブ。鈴木選手も入団を勝ち取り、彼らの後へ続くことが出来るか。今後の活躍に期待したい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中