アル・ヒラル、ブラジル人FWチアゴ・アルベスの清水移籍を発表

サウジ・プロフェッショナルリーグ(1部)のアル・ヒラルは3日、所属するブラジル人FWチアゴ・アルベス(24)がJリーグ1部の清水エスパルスへ移籍することを発表した。

こちらがアル・ヒラルの英語版アカウントによるツイート。契約形態はローンとなった模様。

チアゴの移籍について以前書いた記事はこちら。やはり契約形態はローン移籍。ムリキ(元東京)やおそらく今後移籍するであろうドウグラス(アル・アイン)のように外国人枠から漏れ、”早く売りたい”という中東クラブの意図がはっきりと現れた移籍となった。

かつてKリーグを震撼させたアタッカーという点で期待出来るとは思うが、個人的に1番の関心事は全北が手を引いた最大の原因とされるチアゴのレンタル料。チアゴが2015年に城南FCからアル・ヒラルへ移籍した際に発生した移籍金は神戸に加入した元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(31より高い約400万ドル(4億4000万円)。ヒラルでは既に戦力外扱いだったものの、果たしてどのくらいの額だったのだろうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中