中国2部クラブ、元浦和DFの甥をアル・アインから”強奪”

中国2部リーグの大連一方は24日、ロシア・プレミアリーグのアンジ・マハチカラからコートジボワール人FWヤニック・ボリ(29)獲得を発表した。

ボリはパリ・サンジェルマンの下部組織で育成された181cmの高速ストライカー。2014年から所属するアンジ・マハチカラでは3年間で26ゴールと活躍。また1996〜97年に浦和レッズでプレーした元フランス代表DFバジール・ボリ氏(50)の甥としても知られている。

ボリの移籍に関しては今年1月、ブラジル人FWドウグラス(29)の後釜としてUAE1部リーグの強豪アル・アインが獲得を発表。公式サイトでもアインのシャツを身に纏う本人の画像が公開されていた。

ところが後日、アンジ・マハチカラ側が「中国2部リーグのクラブとも交渉している」と主張し移籍に関するクラブ間同意を否定。結局ボリのUAE行きは破談となっていた。

大連一方は昨シーズン、中国2部リーグ5位のクラブ。中東屈指の名門との獲得レースを制したことで、今後注目が集まりそうだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中