福岡のDFキム・ヒョヌン、中国2部クラブへ移籍

Jリーグ1部(J1)のアビスパ福岡は23日、所属する元韓国U-23代表DFキム・ヒョヌン(25)が中国2部リーグの麗江嘉雲昊へ移籍したことを発表した。

キム・ヒョヌンは184cmの長身CB。2013年に韓国の弘益大学校から直接Jリーグ2部のジェフ千葉へ加入。昨シーズンからアビスパ福岡へ活躍の場を移していた。

キムが新たに加入する麗江嘉雲昊は中国・雲南省麗江市を本拠地とする新興クラブ。新たに2部へ昇格する今シーズンはかつてタイ・プレミアリーグのパタヤ・ユナイテッドなどで指揮を執った経歴を持つ韓国人指揮官リム・ジョンヒョン氏(50)を招聘。着々と強化を進めている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中