レバノン代表FW、MLSへ

アメリカMLSのスポルティング・カンザス・シティFCは31日、レバノン代表FWスーニー・サッド(24)の獲得を発表した。2014年以来約3年振りの復帰となる。

スーニー・サッドはアメリカ出身。豊かなゴールセンスを持ち、裏への抜け出しを得意とするストライカー。強烈なFKにも定評がある。

2011年にスポルティング・カンザス・シティFCでプロデビューを果たした後、2015年以降はタイ・プレミアリーグのBECテロ・サーサナFC、パタヤ・ユナイテッドで活躍していた。

代表キャリアはアメリカU-20代表にも選出されていたが、2013年に自身のルーツであるレバノンを選択している。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中