バニヤス・クラブの新監督にイラク人指揮官が就任

アラビアン・ガルフリーグ(UAE1部)のバニヤス・クラブは30日、新監督にイラク人指揮官アブドゥル・ワハブ・アブドゥル・カデル氏(68)の就任を発表した。

バニヤス・クラブは現在リーグ最下位と低迷中。16試合で僅か1勝と深刻なチーム状態に陥っており、チームは今オフにポルトガル人指揮官ホセ・マヌエル・ゴメス氏(46)を解任。またスランプに陥っていたアルゼンチン人FWホアキン・ラリベイ(32)をJ2のジェフ千葉へ放出するなど、リーグ残留に向けて必死な状況だ。

新たに就任したアブドゥル・ワハブ・アブドゥル・カデル氏はかつて同リーグのアル・フジャイラなどで指揮を執った経験豊富な監督とのこと。果たしてチームを”奇跡の残留”へ導けられるか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中