アル・ファイサリーFC、セルビア人監督が就任。

サウジ・プロフェッショナルリーグ(1部)のアル・ファイサリーFCは27日、新監督にセルビア人指揮官ヴク・ラゾヴィッチ氏(44)就任を発表した。

ラゾヴィッチ氏は現役時代、セルビアリーグの名門パルチザン・ベオグラードなどでプレー。引退後は古巣のパルチザンやディナモ・ミンスクなどで指揮を執り、今シーズンはセルビア1部リーグのFKナプレダク・クルシェヴァツの監督を務めていた。

アル・ファイサリーFCは昨シーズン、サウジ・プロフェッショナルリーグ9位。昨年11月にブラジル人指揮官ヘリオ・ジョゼ氏(59)を解任。以降はアシスタントコーチが暫定監督を務めていた。

広告

アル・アハリ・ドーハ、カパロス氏が新監督に就任

カタール・スターズリーグのアル・アハリ・ドーハは26日、新監督にスペイン人指揮官ホアキン・カパロス氏(61)就任を発表した。

カパロス氏はセビージャFCやアスレティック・ビルバオなどスペインの名門クラブを率いてきたベテランの指揮官。若手育成に定評のある人物とのこと。

アル・アハリ・ドーハは今シーズン、カタール・スターズリーグ10位。近年は下位に低迷することが多く、今オフは浮上に向け新戦力の発掘にも動いているとのこと。

アル・ナスル・ドバイ、元イタリア代表監督プランデッリ氏が新監督就任へ

UAE1部リーグのアル・ナスル・ドバイは26日、クラブ公式Twitterアカウントにて「来シーズンの新監督にイタリア人指揮官チェーザレ・プランデッリ氏(59)が就任する」と発表した。来週の月曜日(5/29)に就任会見を行う見通しとのこと。

プランデッリ氏はパルマ、フィオレンティーナなどイタリアの名門クラブで実績を残してきた世界的な名将。2010〜14年まではイタリア代表監督を務め、その後はガラタサライ、バレンシアを率いてきた。

アル・ナスル・ドバイはかつて森本貴幸選手(現川崎)も在籍したUAEの名門クラブだが、今シーズンはリーグ戦6位。ブラジル人FWヴァンデルレイ(28)の偽造パスポート問題などのトラブルで話題をさらっており、前述の理由で来シーズンまでACL参加権利を失っている。

シドニーFC、元スロバキア代表FWホロシュコの退団を発表

AリーグのシドニーFCは22日、所属する元スロバキア代表FWフィリップ・ホロシュコ(33)の退団を発表した。

ホロシュコはトルコ1部リーグのベシクタシュなどで活躍後、15-16シーズンから年俸上限のないマーキープレーヤーとしてシドニーFCに所属。1年目こそ24試合10ゴールと活躍したものの、今シーズンは28試合8ゴール。同じくマーキープレーヤーで、これまた同じくベシクタシュなどで活躍した同僚のブラジル人FWボボー(32)が15ゴールを挙げる中、本来のパフォーマンスを出せずにいた。

カタール代表MFフヒ、アル・サッドへ電撃移籍

カタール・スターズリーグのアル・サッドは23日、同リーグのアル・アラビ・ドーハからカタール代表MFブアレム・フヒ(26)獲得を発表した。

フヒはアルジェリア出身のセントラルMF。2009年からアル・アラビでプレーし、近年は主将として活躍していた。カタール代表としても35試合に出場。昨年10月に行われた国際親善試合(vsロシア代表)では同点となるPKを決め、代表の逆転勝利に大きく貢献している。

国内リーグの大物を獲得したアル・サッド。先週は国内カップ「エミール・カップ」を制し、リーグ戦20試合24ゴールと大活躍したアルジェリア代表FWバグダード・ブネジャー(25)との契約更新も発表。更に主将の元スペイン代表MFシャビ(37)、カタール代表MFハサン・アル=ハイドゥース(26)も健在。来シーズンのスターズリーグを引っ張る存在となりそうだ。

日本戦に挑むイラク代表メンバー発表。アドナン、”イラクのカカ”らが選出(2017 5/23)

イラクサッカー協会は23日、国際親善試合ヨルダン(6/1)、韓国代表戦(6/7)、W杯最終予選日本代表戦(6/13)に挑むイラク代表メンバー23名を発表した。

ここまで1勝1分5敗と苦戦するイラク代表は先月、成績不振を理由にイラク人指揮官ラーディー・シュナイシル氏(50)を解任。後任にはかつてカターニャなどを指揮したイタリア人指揮官ワルテル・ゼンガ氏(57)らの名が挙がっているが、直近に迫る日本戦は国内リーグの名門、アル・クウワ・ジャウウィーヤをAFCカップ優勝に導いたイラク人指揮官バシム・カシム氏(58)が暫定的に指揮を執ることで落ち着いた。

メンバーは以下の通り。
・GK
モハメド・ガシード(30) / アル・ザウラー
ジャラル・ハッサン(26) / ナフト・アル・ワサト
モハメド・ハメード(24) / アル・ショルタ
・DF
アフメド・イブラヒム(25) / エミレーツ・クラブ(UAE)
アリ・アドナン(23) / ウディネーゼ(イタリア1部)
ドゥルガム・イスマイル(22) / チャイクル・リゼスポル(トルコ1部)
ワリード・サリム(25) / アル・ショルタ
ムスタファ・ナディム(23) / アル・ミーナ
アリ・ファエズ(22) / チャイクル・リゼスポル(トルコ1部)
アリ・ムハウィ(20) / アル・ザウラー
サッド・ナティク(23) / アル・マクヒヤ(カタール2部)
レヴィン・スラカ(25) / エルヴェルム(ノルウェー2部)

・MF
サッド・アブドゥル=アミール(25) / アル・アハリ・ジェッダ(サウジアラビア1部)
アフメド・ヤシン(26) / AIKソルナ(スウェーデン1部)
アムジャド・ハラフ(25) / アル・ザウラー
マフディ・カミル(22) / アル・ショルタ
ヤセル・カシーム(26) / スウィンドン・タウン(イングランド3部)
アリ・フスニ(23) / アル・アラビ・クウェート(クウェート1部)
アムジャド・アトゥワン(20) / ナフト・アル・ワサト
バシャル・ラサン(20) / アル・クウワ・アル・ジャウウィーヤ
ブルワ・ヌーリ(30) / エルステルスンドFK(スウェーデン1部)

・FW
アラー・アブドゥル・ザハラー(31) / アル・ザウラー
ハンマディ・アフメド(27) / アル・クウワ・アル・ジャウウィーヤ
モハメド・アブドゥル・ラヒーム(23) / アル・ザウラー
モハメド・ジャバル・ショーカン(24) / アル・ミーナ

シュナイシル前監督と同じくイラクリーグで実績を残したカシム氏の元で挑む今回のイラク代表だが、メンバーは特に変更なし。セリエAのウディネーゼで活躍するDFアリ・アドナン、アル・ザウラーの大エースで、その風貌から「イラクのカカ」と呼ばれるFWアラー・アブドゥル・ザハラーらが順当に選ばれた。

元アルジェリア代表DFベルハジ、カタール2部クラブと契約

カタール・ガスリーグ(2部)のアル・マルキヤは14日、フランス3部リーグのCSスダン・アルデンヌから元アルジェリア代表DFナディル・ベルハジ(34)獲得を発表した。

ベルハジはフランス出身の左SB。フランスリーグのリヨンやランス、イングランドのポーツマスなどで活躍し、2010シーズンからカタール・スターズリーグのアル・サッドでプレー。外国人選手ながら主将を務めるなど活躍した。

UAE代表新監督に前アルゼンチン代表監督が就任

UAEサッカー協会は11日、空席となっていたUAE代表の新監督にアルゼンチン人指揮官エドガルド・バウザ氏(59)が就任したことを発表した。

バウザ氏はサンパウロなど南米の名門クラブを率いてきたことで知られる名将。昨年8月からアルゼンチン代表を率いていたが、成績低迷により今年4月に解任されていた。

UAE代表は今年3月にオーストラリア代表に敗れ、メフディ・アリ監督(当時)が辞任。以降は後任探しに奔走しており、候補として元日本代表監督のイタリア人指揮官アルベルト・ザッケローニ氏などの名が挙がっていた。

シドニーFCのイビニ=イセイ、MLSクラブへ移籍

アメリカ・MLS(メジャーリーグ・サッカー)のバンクーバー・ホワイトキャップスは10日、ベルギー1部リーグのクラブ・ブルージュから元オーストラリア代表FWバーニー・イビニ=イセイ(24)獲得を発表した。

ナイジェリア系オーストラリア人のイビニ=イセイは187cmと長身のウィンガー。セントラル・コースト・マリナーズ在籍時の2010年に当時マリナーズの指揮を執っていたグラハム・アーノルド(53・元仙台監督)に見出されプロデビュー。将来を嘱望されていたが、以降は中国やベルギーリーグ挑戦に失敗するなど伸び悩んでいた。

昨シーズンはクラブ・ブルージュから恩師であるアーノルドが率いるシドニーFCへローン移籍。20試合3ゴールと数字こそ残せなかったものの、献身的なプレーでクラブのリーグ制覇に貢献していた。

UAE1部のハッタ・クラブ、元磐田監督との契約を更新

UAE1部リーグのハッタ・クラブは8日、マケドニア人指揮官ジョコ・ハジェヴスキー氏(62)と契約を更新したことを発表した。

ハジェヴスキー氏はマケドニア代表監督を経て、2000年にジュビロ磐田を率いたことで知られる名将。近年はサウジアラビアで実績を残し、今シーズンから活躍の場をUAEに移していた。

今シーズンから1部に昇格したハッタ・クラブは日本人アタッカー獲得に動くなど、開幕前に移籍市場を奔走。結果Aリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズからオーストラリア代表DFニコライ・トッパースタンリー(32)、フルミネンセからブラジル人FWサミュエル・ゴンザウベス(26)らを積極的に獲得。ハジェヴスキー氏の手腕も加え、現在リーグ10位と健闘している。